【TBS八百長問題まとめサイト】亀田興毅WBA世界ライトフライ級王座決定戦

2006年08月02日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦 亀田興毅vsファン・ランダエタ 疑惑の判定についてまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田の負けを確信していた解説陣、その他コメント

・対戦相手 ファン・ランダエタのコメント
「本当の結果は皆さんが一番分っている。自分は抗議しない。亀田は自分とはもうやりたくないだろう。人生を勉強して欲しい。」

・山本“KID”徳郁、自分のブログで亀田興毅戦を語るも削除される
昨日の亀田戦、、、相手かわいそうだね~、
まぁ日本でやってるからしょうがないのかな?
でもこれは、世界から見たら「日本人、せこっ」ってなっちゃうね。
俺が亀田だったら相手にベルトその場で渡すね、
ましてや嬉し泣きなんか親子で出来ないでしょ。。
俺も亀田応援してたけどあれで勝ちを認めなかったらカッコ良かったね。
俺だったら恥ずかしくてリングから立ち去るね。
以上、毒吐いてすんませーん、でも事実なんで。。

・WBCバンタム級元王者・薬師寺保栄のコメント
自分の戦った経験から、亀田が4~5ポイント負けていたと思う。亀田には「よう頑張ったな」と言えるかもしれないが「絶対勝ちだったな」とは言えないなあ。リングサイドで見ていた知り合いからも「この判定、どうなの」という電話ももらった。判定がクリーンなら、こんな問い合わせはない。今後悪い意味でボクシング界に影響する。ソース

・かつてミニマム、ジュニアフライの2階級制覇を達成した井岡弘樹のコメント
亀田が苦戦していたように見えたが……。判定のことはよく分からない。ソース

・元WBCライト級チャンピオンのガッツ石松のコメント
「まいったね。なんでこの人が勝ちなの」と判定に不満を示した。ガッツさんの判定では、ランダエタが7ポイントもリードしていたという。そのうえでガッツさんは「亀田兄弟は人気があるかもしれないけど、この試合で勝てるのなら、ボクシング界は何をやっているのかと思われる。日本人は立っていれば、チャンピオンになれるの? 全世界のボクシング関係者に見せて、判定してもらえばいい」と首をかしげた。さらに「日本のボクシングはタレント養成所ではない。これがまかり通るなら、僕はボクシング関係の肩書は何もいらない」と怒っていた。ソース

・漫画家のやくみつるのコメント
「非常に不愉快なものを見た。実況も最後の方は負けモードだったし、こういう判定になるとは。判定後の(亀田選手の)態度も疑問。あの場では勝者の振る舞いをしないと格好がつかないところもあるだろうが、大口をたたける試合内容ではなかった。態度を改めるべきではないか」と厳しく指摘した。ソース

以下、未確認の情報ですが、どなたか詳しい状況を教えてください。
コメント欄にお願いします。動画、音声も募集。

・試合終了後、解説の畑山氏の「世界相手によくがんばった。これから頑張ればよい」的発言

・試合終了後、「亀田興毅栄光への奇跡 DVD?」の発売予告テロップ?
 勝つ事が決まっていた?

この問題に関するブログも多数掲載。人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tbskameda.blog55.fc2.com/tb.php/4-89ae9907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。